第99回(H28) 助産師国家試験 解説【午後36~40】

 

次の文を読み36〜38の問いに答えよ。
 Aさん(33歳、1回経産婦)。妊娠40 週2日、6分ごとに1分間持続する規則的な子宮収縮を自覚して来院した。前日の妊婦健康診査時の経腹超音波検査の結果、胎児推定体重3,800 g、AFI 8.0。夫は出産の立会いを予定していたが仕事の都合で来院できなかった。

36 来院時の内診所見は、子宮口4cm 開大、展退度50 %、Station -2、子宮頸管の硬度は中、子宮口の位置は中央であった。腟鏡診では後腟円蓋に少量の血液が混じった帯下があり、BTB試験紙の色調の変化は認めない。子宮収縮時には会話が困難な程度の痛みを感じている。
 来院時の助産診断で正しいのはどれか。

1.前期破水である。
2.羊水過少である。
3.児頭は陥入している。
4.Bishop<ビショップ>スコアは6点である。

解答

解説

 

 

 

 

 

 

次の文を読み36〜38の問いに答えよ。
 Aさん(33歳、1回経産婦)。妊娠40 週2日、6分ごとに1分間持続する規則的な子宮収縮を自覚して来院した。前日の妊婦健康診査時の経腹超音波検査の結果、胎児推定体重3,800 g、AFI 8.0。夫は出産の立会いを予定していたが仕事の都合で来院できなかった。

37 入院後1時間、陣痛間欠3〜4分、陣痛発作40 秒となり、下腹部と腰部との痛みが急激に増強した。Aさんは陣痛間欠時も体中に力が入っており「もう痛みに耐えられない。帝王切開にしてください」と不安そうな表情で訴えた。
 Aさんの支援のための対応として最も適切なのはどれか。

1.楽な姿勢を一緒に考える。
2.痛みに耐えるように伝える。
3.もっと頑張るように励ます。
4.帝王切開術の適応ではないことを説明する。
5.赤ちゃんが大きいため時間がかかることを伝える。

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み36〜38の問いに答えよ。
 Aさん(33歳、1回経産婦)。妊娠40 週2日、6分ごとに1分間持続する規則的な子宮収縮を自覚して来院した。前日の妊婦健康診査時の経腹超音波検査の結果、胎児推定体重3,800 g、AFI 8.0。夫は出産の立会いを予定していたが仕事の都合で来院できなかった。

38 その後、順調に分娩が進行し、体重3,820 gの女児を正常分娩で出産した。分娩所要時間は4時間30分、分娩第3期までの出血量は400 mL であり、会陰裂傷第1度を認めた。分娩後1時間、バイタルサインに異常はない。外陰部にあてているパッドには少量の血液を認める。外陰部は対称性に軽度むくんでおり、圧痛はない。子宮底は臍下2横指の高さに硬く触れており、Aさんは下腹部の痛みを訴えて苦しそうにしている。
 Aさんの症状について最も考えられるのはどれか。

1.後陣痛
2.膀胱炎
3.頸管裂傷
4.外陰部血腫
5.子宮復古不全

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み39〜41の問いに答えよ。
 Aさん(25 歳、初産婦)。既往歴に特記すべきことはない。妊娠経過は順調で、出産直後からの母児同室と母乳哺育とを希望していた。妊娠38 週6日に陣痛発来で入院した。分娩第2期遷延のためオキシトシンを用いて陣痛を促進し、吸引分娩で娩出となった。児は、出生体重2,800 gの男児でApgar<アプガー>スコアは1分後、5分後ともに9点であった。分娩所要時間22 時間、分娩時出血量450 mL で、会陰切開縫合術を受けた。分娩後2時間の母児の経過は良好であった。

39 分娩後3時間に訪室すると「傷がズキズキと痛みます」と訴えた。会陰部の観察をしたところ、創部に軽度の腫脹がみられたが離開や血腫はなかった。
 このときの対応で最も適切なのはどれか。

1.会陰部の冷罨法を行う。
2.医師の診察を要請する。
3.仰臥位を保つよう勧める。
4.今は鎮痛薬を使えないと説明する。
5.痛みが紛れるよう児を抱くことを勧める。

解答

解説

 

 

 

 

 

 

次の文を読み39〜41の問いに答えよ。
 Aさん(25 歳、初産婦)。既往歴に特記すべきことはない。妊娠経過は順調で、出産直後からの母児同室と母乳哺育とを希望していた。妊娠38 週6日に陣痛発来で入院した。分娩第2期遷延のためオキシトシンを用いて陣痛を促進し、吸引分娩で娩出となった。児は、出生体重2,800 gの男児でApgar<アプガー>スコアは1分後、5分後ともに9点であった。分娩所要時間22 時間、分娩時出血量450 mL で、会陰切開縫合術を受けた。分娩後2時間の母児の経過は良好であった。

40 Aさんは、産褥1日目から母児同室を開始しており1時間半から2時間おきに授乳をしていた。産褥2日の夕方、Aさんは「こんなに授乳しているのに、赤ちゃんはすぐに泣きます。母乳だけでは足りないのでしょうか」と話し、疲れた様子であった。児の体重は2,590 g。乳房は熱感を帯びて張っており、乳頭を圧迫するとタラタラと乳汁が流れ出てくる。児の吸啜状態は良好で、排尿は5回/日、排便は2回/日であった。
 Aさんの気持ちを傾聴した後の対応で最も適切なのはどれか。

1.人工乳を補足する。
2.夜間は授乳を休む。
3.時間を決めて授乳する。
4.これまでのペースで授乳を続ける。
5.乳房緊満がなくなるまで搾乳する。

解答

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。