第99回(H28) 助産師国家試験 解説【午前41~45】

 

次の文を読み41〜43の問いに答えよ。
 Aさん(37 歳、女性)。常勤の会社員。結婚して2年間、基礎体温を記録して排卵に合わせて性交渉を行っていたが、妊娠に至らなかった。義母の強い勧めがあり、Aさん1人で不妊専門クリニックを受診した。月経周期は28日型、持続日数は5日、基礎体温は二相性である。

41 初診時に確認すべき情報で最も優先されるのはどれか。

1.経済力
2.仕事の継続の意思
3.不妊治療に対する義母の考え
4.不妊治療に関する夫婦の合意

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み41〜43の問いに答えよ。
 Aさん(37 歳、女性)。常勤の会社員。結婚して2年間、基礎体温を記録して排卵に合わせて性交渉を行っていたが、妊娠に至らなかった。義母の強い勧めがあり、Aさん1人で不妊専門クリニックを受診した。月経周期は28日型、持続日数は5日、基礎体温は二相性である。

42 初診時の診察では、子宮や卵巣に形態異常はなかった。Aさんは月経4日目に再受診した。
 Aさんに行う検査で適切なのはどれか。

1.子宮卵管造影
2.フーナー試験
3.卵管通水検査
4.ホルモン基礎値の測定

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み41〜43の問いに答えよ。
 Aさん(37 歳、女性)。常勤の会社員。結婚して2年間、基礎体温を記録して排卵に合わせて性交渉を行っていたが、妊娠に至らなかった。義母の強い勧めがあり、Aさん1人で不妊専門クリニックを受診した。月経周期は28日型、持続日数は5日、基礎体温は二相性である。

43 その後、Aさんは2年間外来で治療を受けたが妊娠には至らなかった。夫婦で相談し、体外受精を試みることにした。
 Aさんへの説明で正しいのはどれか。

1.「採卵のタイミングに合わせて夫に採精してもらう必要があります」
2.「Aさんの場合、妊娠する確率は60 % 以上です」
3.「妊娠した場合、流産する確率は10 % 以下です」
4.「胎児の心奇形の発生率は自然妊娠より高くなります」

解答

解説

 

 

 

 

 

 

次の文を読み44〜46の問いに答えよ。
 Aさん(40歳、初産婦)。半年間の不妊治療を受け、クエン酸クロミフェンの内服によって妊娠に至った。経腟超音波検査で子宮内に胎囊が3つ認められ、三胎妊娠と診断された。妊娠9週で総合周産期母子医療センターの産科に紹介され受診した。

44 妊娠25週5日、Aさんは少量の出血があり、救急外来を受診した。「今朝から時々下腹部が硬くなる感じがして、痛いときもありました」と言う。救急外来受診時の経腟超音波検査の写真を下図に示す。子宮頸管長は23.4 mmであった。
 Aさんに認められる所見はどれか。2つ選べ。

1.内子宮口の開大
2.頸管長の短縮
3.辺縁前置胎盤
4.胎胞の膨隆
5.臍帯下垂

解答1・2

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み44〜46の問いに答えよ。
 Aさん(40歳、初産婦)。半年間の不妊治療を受け、クエン酸クロミフェンの内服によって妊娠に至った。経腟超音波検査で子宮内に胎囊が3つ認められ、三胎妊娠と診断された。妊娠9週で総合周産期母子医療センターの産科に紹介され受診した。

45 Aさんは入院し、リトドリン塩酸塩の点滴静脈内注射が開始された。しかし、開始翌日から全身の発疹と肝機能異常とが出現したため、リトドリン塩酸塩は中止となり、マグネシウム硫酸塩の点滴静脈内注射に変更された。助産師が訪室するとAさんは「ずっと全身がほてって、だるい感じです」と訴えた。体温36.7 ℃、脈拍80/分、血圧128/80 mmHg。
 今後最も注意すべき所見はどれか。

1.手指の振戦
2.下腿の浮腫
3.腱反射の消失
4.耳下腺の腫脹
5.両側の視野狭窄

解答

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。