第99回(H28) 助産師国家試験 解説【午後41~45】

 

次の文を読み39〜41の問いに答えよ。
Aさん(25 歳、初産婦)。既往歴に特記すべきことはない。妊娠経過は順調で、出産直後からの母児同室と母乳哺育とを希望していた。妊娠38 週6日に陣痛発来で入院した。分娩第2期遷延のためオキシトシンを用いて陣痛を促進し、吸引分娩で娩出となった。児は、出生体重2,800 gの男児でApgar<アプガー>スコアは1分後、5分後ともに9点であった。分娩所要時間22 時間、分娩時出血量450 mL で、会陰切開縫合術を受けた。分娩後2時間の母児の経過は良好であった。

41 産褥5日、Aさんは児とともに退院した。産褥6日の夕方、産科病棟に電話がありAさんは「今トイレに行ったら、パッドに直径3cm ほどの血の塊が出ていました。授乳後におなかが少し痛くなります。発熱はありません」と助産師に話した。
 正常からの逸脱を判断するために確認する内容で優先度が高いのはどれか。

1.「授乳は母乳のみですか」
2.「陰部の傷は痛みますか」
3.「動悸やめまいはありますか」
4.「鮮やかな赤色の出血でしたか」
5.「排尿のとき痛みはありますか」

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み42〜44の問いに答えよ。
 病院の助産師外来において、初回の妊婦健康診査時に、すべての妊婦を対象に自記式質問紙を用いてパートナーからのDV<ドメスティック・バイオレンス>のスクリーニングを導入することになった。

42 このときの対応で適切なのはどれか。

1.スクリーニング結果は診療録には残さない。
2.自記式質問紙の記入は待合室で行うこととする。
3.カップルカウンセリングをするための部屋を用意する。
4.DV<ドメスティック・バイオレンス>に関する相談のためのホットラインの情報カードを女性用トイレに設置する。

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み42〜44の問いに答えよ。
 病院の助産師外来において、初回の妊婦健康診査時に、すべての妊婦を対象に自記式質問紙を用いてパートナーからのDV<ドメスティック・バイオレンス>のスクリーニングを導入することになった。

43 Aさん(23歳、初産婦)。妊娠20週に初めて助産師外来を受診した。Aさんは、DV<ドメスティック・バイオレンス>のスクリーニングの結果が陽性であった。助産師が状況を聞くとAさんは「夫は仕事がうまくいかないと家で暴れる。先日、突き飛ばされて、肩をぶつけた。おなかを蹴られたこともある。これまで一人で悩んでいました。でも、誰にも言わないでください」と話した。Aさんの左肩にはあざがあった。
 このときの助産師の対応で最も適切なのはどれか。

1.Aさんの両親に情報提供をする。
2.Aさんが帰った後、警察に通報する。
3.分娩終了後にAさんへの対応を検討する。
4.Aさんに配偶者暴力相談支援センターの情報を提供する。

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み42〜44の問いに答えよ。
 病院の助産師外来において、初回の妊婦健康診査時に、すべての妊婦を対象に自記式質問紙を用いてパートナーからのDV<ドメスティック・バイオレンス>のスクリーニングを導入することになった。

44 Aさんは弁護士に相談し、離婚を決意した。Aさんは正常分娩し、1か月健康診査で、新生児とともに来院した。「今は夫と別居しています。しかし、最近、夫から何度も電話があり、私と子どもに会いたいと言ってきている。もう夫に会うつもりはない。どうしたらよいのか」と話した。
 助産師の対応として最も適切なのはどれか。

1.家の外には出ないように勧める。
2.児との面会について夫と直接話し合うよう勧める。
3.保護命令のための申し立てができることを情報提供する。
4.Aさんの両親の立ち会いの下で、夫に子どもと面会させる。

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み45〜47の問いに答えよ。
 Aさん(34歳、初妊婦、専業主婦)。既往歴に特記すべきことはない。身長156 cm、非妊時体重52 kg。妊娠7週2日、経腟超音波検査で胎児の心拍動が確認できた。1週前から起床時の胃部不快感があり、食欲が減退している。嘔吐は1日1回程度。

45 Aさんへの食事指導で正しいのはどれか。

1.「何回かに分けて少しずつ食べましょう」
2.「水分を摂り過ぎると嘔吐を誘発します」
3.「栄養バランスに留意して食材を選びましょう」
4.「食事の代わりにサプリメントを摂りましょう」

解答

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)