第99回(H28) 助産師国家試験 解説【午後46~50】

 

次の文を読み45〜47の問いに答えよ。
 Aさん(34歳、初妊婦、専業主婦)。既往歴に特記すべきことはない。身長156 cm、非妊時体重52 kg。妊娠7週2日、経腟超音波検査で胎児の心拍動が確認できた。1週前から起床時の胃部不快感があり、食欲が減退している。嘔吐は1日1回程度。

46 2週後、夫から外来に電話があり「しばらく食事の工夫をして様子をみていたがどんどん吐き気がひどくなり、現在、1日4、5回吐いている。食欲はほとんどなく、スポーツドリンクしかのどを通らないようだ。ずっとベッドに寝ている」と言う。妊娠9週3日、Aさんは夫に付き添われて受診した。下腹部痛や性器出血はない。顔色が悪くタオルを口元にあて、夫に支えられるようにして椅子に座っている。
 入院の判断をするために重要な情報はどれか。

1.内診所見
2.吐物の内容
3.尿ケトン体
4.現在のBMI

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み45〜47の問いに答えよ。
 Aさん(34歳、初妊婦、専業主婦)。既往歴に特記すべきことはない。身長156 cm、非妊時体重52 kg。妊娠7週2日、経腟超音波検査で胎児の心拍動が確認できた。1週前から起床時の胃部不快感があり、食欲が減退している。嘔吐は1日1回程度。

47 入院後10日が経過し、安静および点滴治療によって症状は軽減してきた。訪室した助産師に対しAさんは「たくさん点滴しているので子どもに影響しないのか、とても心配です。インターネットで胎児の異常について検索してしまいます」とスマートフォンを持ちながら訴えた。
 このときのAさんへの対応で最も適切なのはどれか。

1.「今はあなたの治療が最優先ですよ」
2.「両親学級を受講して正しい知識を得ましょう」
3.「インターネットの情報に惑わされてはいけません」
4.「入院中の出産経験者の方に相談されてはどうですか」
5.「主治医から現在の状態について説明してもらいましょう」

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み48〜50の問いに答えよ。
 Aさん(36歳、初産婦)。2年前に人間ドックで高血圧を指摘されていたが、自覚症状はなく、特に医療機関には通院していなかった。妊娠7週0日の初診時、血圧150/90 mmHg、尿蛋白(-)であり、食事指導を受けた。その後、血圧は130/80mmHg前後で推移した。妊娠35 週3日の妊婦健康診査では、血圧164/100 mmHg、尿蛋白3+、尿糖(-)、下腿の浮腫2+であった。同日、血圧管理を目的に入院し、安静によって血圧は142/88 mmHgまで低下した。翌日、血圧140/82 mmHg、尿蛋白定量2.5 g/日であった。

48 Aさんのアセスメントで正しいのはどれか。

1.妊娠高血圧
2.妊娠高血圧腎症
3.加重型妊娠高血圧腎症
4.HELLP症候群
5.ネフローゼ症候群

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み48〜50の問いに答えよ。
 Aさん(36歳、初産婦)。2年前に人間ドックで高血圧を指摘されていたが、自覚症状はなく、特に医療機関には通院していなかった。妊娠7週0日の初診時、血圧150/90 mmHg、尿蛋白(-)であり、食事指導を受けた。その後、血圧は130/80mmHg前後で推移した。妊娠35 週3日の妊婦健康診査では、血圧164/100 mmHg、尿蛋白3+、尿糖(-)、下腿の浮腫2+であった。同日、血圧管理を目的に入院し、安静によって血圧は142/88 mmHgまで低下した。翌日、血圧140/82 mmHg、尿蛋白定量2.5 g/日であった。

49 その後も入院を継続し、血圧は安定していた。妊娠37週0日、Aさんは全身性のけいれん発作を起こし、血圧が190/122 mmHgまで上昇した。
 最初に行われる処置はどれか。

1.気道確保
2.起座位への体位変換
3.口腔内へのタオルの挿入
4.膀胱留置カテーテルの挿入

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み48〜50の問いに答えよ。
 Aさん(36歳、初産婦)。2年前に人間ドックで高血圧を指摘されていたが、自覚症状はなく、特に医療機関には通院していなかった。妊娠7週0日の初診時、血圧150/90 mmHg、尿蛋白(-)であり、食事指導を受けた。その後、血圧は130/80mmHg前後で推移した。妊娠35 週3日の妊婦健康診査では、血圧164/100 mmHg、尿蛋白3+、尿糖(-)、下腿の浮腫2+であった。同日、血圧管理を目的に入院し、安静によって血圧は142/88 mmHgまで低下した。翌日、血圧140/82 mmHg、尿蛋白定量2.5 g/日であった。

50 3分程度でけいれん発作は消失した。Aさんの意識はもうろうとしており、呼びかけにはうなずくが返答がない。脈拍80/分、血圧145/88 mmHg、経皮的動脈血酸素飽和度<SpO2>96 %。NSTを開始したところ胎児心拍数は正常であった。
 このときAさんに必要となる対応で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.血液検査
2.輸血の準備
3.頭部CT の準備
4.分娩誘発の準備
5.気管内挿管の準備

解答1・3

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)