第99回(H28) 助産師国家試験 解説【午前51~55】

 

次の文を読み50〜52の問いに答えよ。
 Aさん(32歳、2回経産婦)。これまでの出産はいずれも正常分娩であった。診療所に通院し、今回妊娠経過中に特に異常の指摘はなかった。妊娠41 週1日、前期破水にて入院。入院時の内診所見は、子宮口4cm 開大、展退度60 %、Station-2、子宮頸管の硬度は中、子宮口の位置は後方であった。

51 子宮口全開大後2時間、大泉門が先進し0時方向に触れる。産瘤が形成されており、発作時には恥骨結合後面下縁のみを触れる。陣痛発作のたびに最下点90 bpm前後の変動一過性徐脈がみられているが、間欠時には回復している。助産師は吸引分娩となる可能性を考え、準備を始めた。
 現在、児頭最大径が位置すると考えられる骨盤の位置はどれか。

1.入口部
2.濶部
3.峡部
4.出口部

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み50〜52の問いに答えよ。
 Aさん(32歳、2回経産婦)。これまでの出産はいずれも正常分娩であった。診療所に通院し、今回妊娠経過中に特に異常の指摘はなかった。妊娠41 週1日、前期破水にて入院。入院時の内診所見は、子宮口4cm 開大、展退度60 %、Station-2、子宮頸管の硬度は中、子宮口の位置は後方であった。

52 分娩第2期遷延、分娩停止のため吸引分娩が施行され、4回の吸引によって、3,880 g の男児が娩出された。羊水混濁2+、出生直後から啼泣があり、Apgar<アプガー>スコアは1分後7点(皮膚色-2 点、筋緊張-1 点 、5分後8点(皮膚色-1 点、筋緊張-1 点)、臍帯動脈血pH 7.20 であった。クベースに収容され、経過観察となった。出生後2時間、頭部に暗赤色で骨縫合を超える腫瘤が認められ、指で押すと陥凹した。体温37.0 ℃、呼吸数70/分、脈拍170/分。鼻翼呼吸がみられる。
 この新生児に必要となる対応はどれか。2つ選べ。

1.光線療法
2.腫瘤の刺
3.脳低温療法
4.静脈路の確保
5.NICUへの搬送

解答4・5

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み53〜55の問いに答えよ。
 Aさん(28 歳、1回経産婦)。妊娠41 週2日、陣痛発来にて入院した。陣痛発来から6時間後に破水し、羊水混濁を認めた。胎児心拍数陣痛図では高度の変動一過性徐脈を認め、吸引分娩で3,700 g の児を娩出した。出生直後に啼泣はなく、出生から30 秒後にはあえぎ呼吸で筋緊張が低下していたため人工換気を開始した。このときの心拍数は6秒間に4回であった。

53 新生児蘇生法ガイドライン2010に基づいて新生児蘇生を行う場合、この時点で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.CPAPを開始する。
2.気管挿管を検討する。
3.あえぎ呼吸は無呼吸と判断する。
4.アドレナリンの投与を検討する。
5.胸骨の上部3分の1の部位を圧迫する。

解答2・3

解説

 

 

 

 

 

54 すべての蘇生処置が終了した直後の児の呼吸数は90/分、陥没呼吸が著明で、聴診では呼吸音に伴ってラ音と捻髪音とが広範囲に聴取された。この時点で撮影した児の胸部エックス線写真を下図に示す。
 この児に最も疑われる疾患はどれか。

1.気胸
2.心不全
3.肺低形成
4.胎便吸引症候群
5.先天性横隔膜ヘルニア

解答

解説

 

 

 

 

 

55 出生後1時間が経過した。中心性チアノーゼが改善せず、NICUを有する周産期母子医療センターへの児の搬送が決定された。
 この時点でのAさんへの説明で最も適切なのはどれか。

1.「赤ちゃんはすぐによくなります」
2.「医師からの説明は搬送の後に行います」
3.「赤ちゃんの説明はまずお父さんに行います」
4.「赤ちゃんと一緒に転院できるか確認します」
5.「処置中の赤ちゃんには会わないようにしましょう」

解答

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。