【保健師国家試験】災害サイクルと保健活動について完全解説

災害サイクルと保健活動についてにまとめました。参考にしてください。

 

平常時(災害静穏期・準備期)

保健活動

  • 災害時地域応急体制の樹立
  • 避難行動要支援者のリスト化
  • 災害対策マニュアル作成
  • 生活用品・防災用品の備蓄
  • 避難場所、災害時の連絡方法の確認
  • 住民の自助・共助の支援
  • 近瞬ボランティアの育成
  • 防災訓練
  • 災害時対応のための研修
  • 関係機関との定期的な連絡会議

 

災害応急対応期

超急性期:~24時間と急性期:~2,3日

災害状況

  • 野外への避難
  • 通信・交通・ライフラインの途絶
  • 避難所生活開始

保健活動

  • 救急対応(救護所の開設、必要な医療物品の準備)
  • 地域の被害状況、ライフライン、衛生状態の把握
  • 住民の安否確認と身元確認
  • 避難行動要支援者の安否確認と移動
  • 健康危機管理
  • 避難所準備と周知
  • 救護所や避難所の巡回健康相談と衛生管理および環境整備
  • 職員の健康管理(急性期)

 

 

亜急性期:~2,3週間

災害状況

  • 避難所生活の継続
  • 水や食料の不足
  • 衛生環境の悪化

保健活動

  • 巡回健康相談
  • 食中毒や感染症等の二次的な健康障害の予防活動
  • 生活用品の確保
  • エコノミークラス症候群(深部静脈血栓症・肺塞栓症)の合併症対策
  • こころのケア対策の実施
  • 派遣保健師配置やボランティアの活用
  • 職員の健康管理
  • 通常業務の調整

 

災害復旧・復興期~災害前の状態に戻るまで

災害状況

  • 慢性疾患の増悪
  • 疲労による体調不良
  • 仮設住宅等への転居
  • 新しい環境での孤立化

保健活動

  • 巡回健康相談
  • 廃用症候群・閉じこもり・孤立死の予防・対策
  • 心的外傷後ストレス障害(PTSD)への対応
  • 新たなコミュニティづくりの支援
  • 職員の健康管理
  • 通常業務の再開

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)