【看護師国家試験】主な国際機関について完全解説

世界保健機関(WHO)

目的:すべての人が可能な最高の健康水準に到達すること。

【活動】
①国際的な健康問題(感染症 等)におけるリーダーシップの発揮
②健康に関する研究事業の決定
③国際保健に関する規範や基準の設定(ICDの作成等)
⑤倫理的・科学的根拠に基づく政策課題の提唱
⑥各国への技術支援
⑦健康状態のモニタリングと評価 等

 

国連児童基金(UNICEF)

目的:世界中のすべての子どもたちが、「子どもの権利条約」の定める子どもの基本的人権を享受できること

【活動】
①子どもの生活支援(保健部門は予防接種、栄養改善指導 等)

 

国連開発計画(UNDP)

目的:変革への啓発を行い、人々がよりよい生活を築くべく、各国が知識・経験や資金にアクセスできるよう支援すること。

【活動】
①各国・地域での開発プロジェクトの実施

 

国連合同エイズ計画(UNAIDS)

目的:開発途上国のエイズ対策強化支援、国連のエイズ対策の強化と調整を行うこと

【活動】
①エイズ対策の政策立案やガイドライン作成
②総合的・多角的なエイズ対策の啓発 等

 

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)

目的:難民問題の恒久的解決を図るとともに、緊急時に法的・物的両面での保護・支援を与えること

【活動】
①難民に関する国際的な諸規定の監督
②緊急時の保護・支援や難民の発生を未然に防ぐ活動 等

 

国際労働機関(ILO)

目的:全世界の労働者の労働条件を改善することにより社会正義を実現し、世界平和に貢献すること

【活動】
①労働条件の国際基準となる条約や勧告の採択、批准国の監視 等

 

国連食糧農業機関(FAO)

目的:人々が健全で活発な生活を送るために十分な量・質の食を確保し、すべての人々の食料安全保障を達成すること

【活動】
①食料・農産物の生産や分配の効率化の推進
②食料・栄養に関する情報収集や技術供与
③人獣共通感染症の防疫事業(WHOと共同)

 

国連人口基金(UNFPA)

目的:すべての妊娠が望まれ、すべての出産が安全に行われ、そしてすべての若者の可能性が満たされる世界を目指すこと

【活動】
①人口問題という切り口からの世界(特に開発途上国)の開発支援
②人口動向の把握、政策立案と実行
③性と生殖に関する健康・権利の保障とその推進
④ジェンダーの不平等の是正

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)