【看護師国家試験】主な感染経路とその特徴について完全解説

主な感染経路とその特徴についてまとめました。
参考にしてください。

 

外因性感染

水平感染

直接感染

接触感染

特徴:感染者(源)に直接接触して感染する。

例:性感染症(淋菌感染症・梅毒等)、伝染性膿痂疹(とびひ)、狂犬病、破傷風

 

飛沫感染

特徴:病原体を含む飛沫を吸い込むことにより感染する。

例:インフルエンザ、風疹、マイコプラズマ肺炎、流行性耳下腺炎、百日咳

 

空気感染(飛沫核感染)

特徴:病原体を含む飛沫を吸い込むことにより感染する。

例:結核、麻疹、水痘

 

媒介感染

接触感染

特徴:環境や物品を介して感染する。

例:多剤耐性緑膿菌感染症、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症

 

経口感染

特徴:食品や水を介して感染する。

例:食中毒(カンピロバクター、サルモネラ、腸炎ビブリオ、コレラ、A型肝炎ウイルス)

 

血液感染

特徴:汚染された血液を含む注射器の使用、輸血,、針刺し事故等で感染する。

例:B型肝炎、C型肝炎、ヒト免疫不全ウイルス感染症

 

垂直(母子)感染

経胎盤感染

特徴:胎盤を介して病原体が胎児の血液に混入する。

例:風情、梅毒、ヒト免疫不全ウイルス感染症、トキソプラズマ感染症、サイトメガロウイルス感染症

産道感染

特徴:産道や母体血中にいる病原体が分娩時に感染する。

例:クラミジア感染症、淋菌感染症、B型肝炎、ヒト免疫不全ウイルス感染症、カンジダ症、単純ヘルペスウイルス感染症、サイトメガロウイルス感染症

 

母乳感染

特徴:母乳を介して病原体が感染する。

例:ヒトT細胞白血病ウイルス1型感染症、ヒト免疫不全ウイルス感染症、サイトメガロウイルス感染症

 

内因性感染

普段は無害な常在微生物叢が病原性を発揮する。

菌交代現象、異所性感染、日和見感染がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)