看護師が徹底解説!生活習慣病の食生活とチェック「昔ながらの日本の和食を食べることが生活習慣病予防につながる」

 

 生活習慣病の原因ともいわれているのが食生活の乱れです。食生活が原因で、生活習慣病になることもありますので、十分に注意しなければいけません。この記事では、生活習慣病を予防する食生活とそのチェック方法をここで紹介したいと思います。

生活習慣病の食生活

 まず気をつけたいのは偏食です。栄養バランスが偏ることによって生活習慣病は引き起こされるといわれていますから、生活習慣病を予防するためには、偏食を治して、色々なものを食べ、栄養バランスを整えることも大切です。

 

 1日30品目は取りましょうといわれていますが、30品目を目標に食べるようにしましょう。そして日常生活は、食事に気をつけつつ、運動も適度に行いましょう。食事は、満腹に食べるというのではなくて、腹八分目にしておくことが大切です。そして塩は控えめで、薄味にすることも大切です。

 

 生活習慣病ではカロリーの高い食べ物、脂肪分の多い食べ物は極力減らすようにしましょう。そして肉、魚、野菜のバランスもきちんと考えたうえで摂取するようにします。生活習慣病は色々な原因があるといわれていますが、食生活が大きく占めていることもよくあります。

 

 ですから、食生活を見直すことが生活習慣病を予防する第一歩といえるでしょう。継続することで、生活習慣病を予防することが出来ますので、まずは普段の食事から気をつけてみてはいかがでしょうか。欧米化した高カロリーな食事をとるのではなくて、栄養バランスのいい、昔ながらの日本の和食を食べることが生活習慣病予防につながります。薄味を心がけて塩分の取りすぎにも注意しましょう。

生活習慣病のチェック

 生活習慣病は普段の生活習慣によって引き起こされる病気のことですが、ある日突然症状が起きることが大半ではありますが、症状が出たのは突然だったとしても、何年も蓄積された結果に発症するのが生活習慣病です。生活習慣を見直すことで、生活習慣病にならないように事前に予防することは十分にできます。

 

 生活習慣病に自分がかかっているのかということは、なかなかわかりにくいことです。自覚症状がないことが特徴ですから、自分が生活習慣病にかかっているということを意外と自覚している人は少ないでしょう。そのために、まずは生活習慣病チェックを自分で受けたうえで当てはまることがないか調べてみることが大切です。

 

 チェックの方法は色々とあります。健康診断を受ければ、一番早いのですが、健康診断をなかなか受けられない人でも、生活習慣病チェックを受けることは可能です。インターネット上で生活習慣病をチェックできるサイトはあります。YES NO形式で答えていき、その結果、生活習慣病であるかどうかがわかりますので手軽です。

 

 生活習慣病は発症しなければなかなかわかりにくい病気ですから、発症する前に知ることで、症状が出るのを防ぐことができます。生活習慣病を予防するためにも、チェックを受けることは必要です。食事の時間や生活習慣などをチェックしていき、生活習慣病であるかどうかがわかるチェックがとても手軽です。予備軍という結果になった人は今からでも遅くはありませんので、改善させるようにしましょう。

まとめ

  • 昔ながらの日本の和食を食べることが生活習慣病予防につながる。
  • インターネット上で生活習慣病をチェックできるサイトがある。
  • それは、YES NO形式で答えていき、生活習慣病であるかどうかがわかる手軽なものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。