【保健師国家試験】グループの発達段階と主要課題について完全解説

グループの成長段階と主要課題についてまとめました。参考にしてください。

 

準備期

段階:グループの目的や計画を立て、グループに参加するメンバーを募集する。

支援者の役割:①グループづくりの計画を立てる。②メンバーを募集し準備する。③参加予定のメンバーと予備的な接触を行い、考えや思いを理解する。

 

開始期

段階:グループでルールが共有されるとともに、さまざまな不安や疑問が出てくる。

支援者の役割:①グループの目的をメンバー間で共有するのを支援する。②メンバーが活動計画を作成するのを支援する。③メンバーが主体的に意思決定に参加
するように支援する。④信頼関係の確立に向けて、メンバー同士のかかわりを促す。

 

作業期

段階:①考え方の違いから、不一致が表面化する。②メンバーの関係性が深まり、各々が自主的に役割を実行する。

支援者の役割:①メンバーそれぞれの思いを受容し、対立をメンバー同士が主体的に解決できるよう対応する。②グループの相互作用を促進させる。

 

終結(移行)期

段階:メンバーがグループで学んだことを活かして、次のステップへと移行する。

支援者の役割:①メンバー同士が気持ちを分かち合う支援を行う。②グループ活動の評価を行う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)