看護師が徹底解説!生活習慣病の休養と糖尿病「予防が大切!」

 

 この記事では、生活習慣病の休養と糖尿病について書かせていただきました。休養の大切さや、運動後の休養をどういったものにしたらいいのかよく分からない方向けにまとめました。是非参考にしてください。

 

生活習慣病の休養

 生活習慣病は運動や食生活、そして休養などが原因で発症するケースが多いといわれています。特に日本人は他の諸外国に比べてみても、休養をしっかりととるということが出来ていないといわれています。休養をしっかりととることが出来ないことによって、免疫力が低下したり、また、ストレスがたまりやすい状態になり、それが続くことで、生活習慣病を発症するともいわれています。

 

 生活習慣病を予防するためには食生活の見直しや適度な運動などももちろん必要ではありますが、それ以前に、やはり休養をしっかりととることそれが基本になってきます。働き盛りの人の多くが生活習慣病にかかりやすいといわれており、特に休養をしっかりと取らなかった人は、生活習慣病の脳卒中や、心筋梗塞、心臓病などを引き起こしやすいといわれています。

 

 適度の休息をして体を休めてあげなければ、疲労がたまり、それが蓄積されて体に負担がかかってしまい、生活習慣病へとつながります。生活習慣病を予防したいと思っている人は、食生活の見直しや生活習慣の改善はもちろんのこと、他にも、休養をしっかりと取り睡眠不足にならないように十分な睡眠時間を確保することも大切です。

 

 現代人の多くが抱える生活習慣病の原因の一つとして十分な休養がとれていないことが挙げられますが、生活習慣病の発症を未然に防ぐためにも、できるだけ休養はしっかりと取るように心掛けて日々の生活を送るようにすることがポイントです。

生活習慣病の糖尿病

 生活習慣病の一つとして糖尿病があります。生活習慣病の糖尿病の多くが、自覚症状がほとんどありませんから、健康診断を受けて初めて自分が糖尿病であるということに気がつくという人が多いといわれています。糖尿病になりやすい人の生活習慣というのは、たとえば食事の食べすぎ、アルコールの摂取のしすぎなどから、生活習慣病にかかるといわれています。

 

 糖尿病にかかってしまった場合には、なかなか短期間での完治は難しく、食事療法や運動療法、時には薬を使いながら、治療を進めていくということになります。血糖値が高い状態が糖尿病では続くのですが、全身に障害が起きてしまいます。それが原因で色々な病気の引き金になるともいわれています。

 

 たとえば、生活習慣病の糖尿病を発症したことによって、腎不全になったり、失明をする、脳卒中にかかってしまう、心臓病を患うなど、色々な病気を発症しやすい状態になってしまいます。ですから、生活習慣病として糖尿病のけがあるといわれた場合には、早めに治療を始めなければ他にも合併症が加わりますので注意が必要です。

 

 検査を受けて、高血糖だということがわかったら、生活習慣の中で、食べ物に気をつけたり、運動をして、血糖値を自分で管理しなければいけません。日本で生活習慣病の糖尿病になる人の割合はとても多いといわれていますから、少しでも早く発見して、早期治療をすることをお勧めします。食事療法ではきちんと守って、適正体重をキープすることが大切です。

まとめ

  • 休養には、①食生活の見直し、②生活習慣の改善、③休養の確保、④睡眠時間の確保が大切である。
  • 生活習慣病の合併症のひとつに糖尿病がある。
  • 糖尿病は非常に怖い病気で、腎不全になったり、失明をする、脳卒中にかかってしまう、心臓病を患うなど、色々な病気を発症しやすい状態となる。
  • 予防が大切である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。