【看護師国家試験】主なビタミンの種類と働きについて完全解説

 

ビタミンとは?

ビタミンは身体機能の維持に必要な栄養素のひとつである。しかし、ほとんど体内で合成することができない。通常は食事の含有量で必要量をまかなえるが、摂取不良や長期間の輸液管理などの際に不足することがあり、さまざまな疾患の原因になる。

 

主なビタミンの種類と働き

脂溶性ビタミン

特徴:体内に蓄積されるため、過剰摂取で症状が出現しやすい。

ビタミンA

主な働き:視覚・上皮組織の機能維持 等

欠乏症状:夜盲症、眼球乾燥症、角膜軟化症

ビタミンD

主な働き:Ca、P吸収増加

欠乏症状:くる病、骨軟化症

ビタミンE

主な働き:抗酸化作用

欠乏症状:溶血性貧血(低出生体重児)

ビタミンK

主な働き:血液凝固因子の生合成、骨形成促進

欠乏症状:出血傾向

 

 

 

水溶性ビタミン

特徴:大部分が尿中に排泄されるため、過剰摂取で症状が出現することはまれである。

ビタミンB1

主な働き:神経細胞の正常な働き、糖質の代謝

欠乏症状:脚気(末梢神経・心筋の障害)、ウェルニッケ脳症、代謝性アシドーシス

ビタミンB2

主な働き:脂質、タンパク質、糖質の代謝

欠乏症状:口角炎、脂漏性皮膚炎

ナイアシン

主な働き:糖質、脂質の代謝

欠乏症状:ペラグラ

ビタミンB6

主な働き:タンパク質の代謝

欠乏症状:皮膚炎、口内炎、生後まもなく全身けいれん、末梢神経障害

ビタミンB12

主な働き:赤血球、核酸の生成

欠乏症状:巨赤芽球性貧血、ハンター舌炎、亜急性連合性的変性症

葉酸

主な働き:赤血球、核酸の生成

欠乏症状:巨赤芽球性貧血、神経管閉鎖障害(胎児の二分脊椎、無脳症 等)

ビタミンC

主な働き:コラーゲンの生合成、抗酸化作用

欠乏症状:壊血病、皮膚出血、損傷治療の阻害因子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)