看護師が徹底解説!生活習慣病の予防と対策「予防法は、生活習慣をきちんと正しく整えること」

 

 生活習慣病は、その名前を見てわかるとおり生活習慣が乱れていることから、起きる病気のことを言います。生活習慣病の予防と対策は色々です。この記事では、生活習慣の予防と対策について書いていきます。

生活習慣病の予防

 生活習慣病の予防法は色々とあります。どんな病気に対しても言えることで、生活習慣病に限ったことではありませんが、生活習慣をきちんと正しく整えることが、生活習慣病の予防になりますし、すでにかかってしまっている人は改善になります。

 

 生活習慣病に限らず、色々な病気などを引き起こす原因も生活の乱れなどが原因で起きているといわれていますので十分に注意しましょう。生活習慣病を予防するために日々気をつけなければいけないことをここで紹介します。

 

 まず、栄養バランスの良い食事をとるようにしましょう。栄養バランスが偏り偏食が続き、高カロリーな欧米化した食生活をしていると、生活習慣病にかかりやすくなります。昔ながらの和食を食べること、それが生活習慣病の予防につながります。

 

 そして十分に睡眠をとることは生活習慣病の予防にもつながります。規則正しく早寝早起きが生活習慣の基本です。睡眠時間をたっぷりととるようにしましょう。ストレスを抱えながら生活をしていると、生活習慣病の悪循環が引き起こされてしまいますので、自分のストレスと上手に付き合う方法を身につけましょう。そのためには、ストレスをためないこと、ストレスを発散させることが大切になってきます。

 

 なので、運動もとても大切です。最近は運動不足の人が多いですが、健康を維持するためには適度な運動も必要ですから、適度に毎日運動をすることも、生活習慣病の予防につながります。生活習慣病の予防は、こうした日常生活の些細なことに気をつけるだけでも違ってきます。

 

生活習慣病の対策

 生活習慣病対策としては今国をあげて色々と対策が行われています。厚生労働省が導入している、生活習慣病対策というものもあります。今回は、その内容を説明していきます。

 

 その中身は、食生活習慣の見直し、そして運動習慣の見直し、休養について、喫煙と飲酒についてです。昭和の後半ごろから、生活習慣病は急激に増えつつあるといわれていますが、それまでは、生活習慣病という名前で呼ばれていませんでした。脳卒中、がん、心臓病を三大成人病と呼んでいたのですが、それが成人病とは言われないようになり、生活習慣病といわれるようになりました。

 

 その背景について説明します。その背景は、成人病は生活習慣が関わっていることがわかったからです。生活習慣を見直すことで、生活習慣病を防ごうという働きが、生活習慣病対策です。生活習慣病対策は今日やって明日効果が出るというようなものではありません。生活習慣病というのは、早期発見をすることがなかなか難しく、自覚症状は症状が悪化するまで気がつかないというケースが多いので、突然起きてしまう人が多いという特徴があります。

 

 そして生活習慣病はすでに発症している時点では、完治することは難しいともいわれているので厄介です。完治できなくなる前に、毎日の生活の中で生活習慣病対策を出来ることから始めることが大切です。まずは食生活の見直し、そして規則正しい生活を送ることなどを元に見直していってみてはいかがでしょうか。手軽に始められることから続けていく、それが生活習慣病対策になります。

 

まとめ

  • 予防法は、生活習慣をきちんと正しく整えること(食事、睡眠、運動など)。
  • 対策も同様、食生活習慣の見直し、そして運動習慣の見直し、休養について、喫煙と飲酒が大切。
  • 手軽に始められることから続けていく、それが生活習慣病対策。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。