看護師国家試験解説 血液の基準値についての問題10選「まとめ・解説」

 

109回午後

31 急性骨髄性白血病の検査所見で正しいのはどれか。

1.赤血球数が増加する。
2.血小板数が増加する。
3.白血球分画に白血病裂孔を認める。
4.ミエロペルオキシダーゼ反応陽性が3%未満である。

解答3

解説

1~2.× 赤血球数/血小板数は、増加ではなく低下する。なぜなら、急性骨髄性白血病は、正常造血が抑制されるため。
3.〇 正しい。白血球分画に白血病裂孔を認める。急性骨髄性白血病では白血球が増加することが多い。白血球分画とは、白血球の各細胞である好中球、リンパ球、好酸球、単球、好塩基球の5種類について、その割合を100分率(%)で表したものである。白血病裂孔とは、白血球を顕微鏡などで観察すると、幼若な白血病細胞と残存した成熟細胞はみられるが、分化段階が中間の成熟細胞が観察されなくなること。主に急性骨髄性白血病で観察される血液の状態のことである。
4.× ミエロペルオキシダーゼ反応陽性は、3%未満ではなく、3%以上である。

ミエロペルオキシダーゼ(MPO)反応とは?

 急性白血病の診断において、白血病細胞が骨髄系かリンパ系かを調べるための重要な検査である。ミエロペルオキシダーゼ(MPO)反応で染色する細胞が3%以上(陽性)ならば骨髄系、3%未満(陰性)ではリンパ系の急性白血病となる。ただし、骨髄系の急性白血病のー部には陰性となるものがある。

 

 

 

 

 

105回午前

72 Aさん(60歳、男性)は、胃癌の手術目的で入院した。大動脈弁置換術を受けた既往があり、内服していたワルファリンをヘパリンに変更することになった。
 確認すべきAさんの検査データはどれか。

1.PT-INR
2.赤血球数
3.白血球数
4.出血時間
5.ヘモグロビン値

解答1

解説

1.〇 正しい。PT-INRを確認すべきである。なぜなら、PT-INRは、PT(プロトロンビン時間)の成績表記のひとつで、血液凝固系の検査で、出血傾向のスクリーニング検査、血液凝固障害の検査、ワルファリン治療時のコントロールの指標として使われるため。
2.× 赤血球数は、確認すべき検査データではない。貧血の指標として用いられる。
3.× 白血球数は、確認すべき検査データではない。炎症・その他の指標として用いられる。
4.× 出血時間は、確認すべき検査データではない。出血時間は、血小板数や血小板機能を反映している。
5.× ヘモグロビン値は、確認すべき検査データではない。貧血の指標として用いられる.

 

 

 

 

 

106回午前

次の文を読み91〜93の問いに答えよ。
 Aさん(53歳、男性、会社員)は、1週前から倦怠感が強く、尿が濃くなり、眼の黄染もみられたため、近くの医療機関を受診し黄疸と診断された。総合病院の消化器内科を紹介され受診した。時々、便が黒いことはあったが、腹痛はなかった。既往歴に特記すべきことはない。来院時のバイタルサインは、体温36.8℃、脈拍68/分、血圧134/82mmHgであった。血液検査データは、アルブミン4.2g/dL、AST<GOT>69IU/L、ALT<GPT>72IU/L、総ビリルビン14.6mg/dL、直接ビリルビン12.5mg/dL、アミラーゼ45IU/L、Fe27μg/dL、尿素窒素16.5mg/dL、クレアチニン0.78mg/dL、白血球9,200/μL、Hb11.2g/dL、血小板23万/μL、CRP2.8mg/dLであった。

91 Aさんのアセスメントで正しいのはどれか。2つ選べ。

1.脱水がある。
2.閉塞性黄疸である。
3.膵炎を発症している。
4.急性腎不全を発症している。
5.鉄欠乏性貧血の可能性がある。

解答2/5

解説

黄疸患者の評価は、閉塞性なのかどうかの診断に始まり、現在の患者の状態(脱水・貧血・急性炎症の有無)を把握する。

 

1.× 脱水があるとは言いきれない。なぜなら、血圧/アルブミン/尿素窒素/クレアチニンは正常であり、脱水を示唆する検査値ではないため。
2.〇 正しい。閉塞性黄疸である。なぜなら、眼の黄染があり、総ビリルビン(14.6mg/dL)、直接ビリルビン(12.5mg/dL)が高値を示しているため。ちなみに、各基準値は、総ビリルビン:0.2~1.2 mg/dL、直接ビリルビン: 0.03 ~ 0.40 mg/dLである。
3.× 膵炎を発症しているとは言いきれない。なぜなら、アミラーゼ(45IU/L)は正常であり腹痛もないため。
4.× 急性腎不全を発症しているとは言いきれない。なぜなら、尿素窒素(16.5mg/dL)、クレアチニン(0.78mg/dL)は正常であるため。
5.〇 正しい。鉄欠乏性貧血の可能性がある。便が時々黒かったこと、鉄(27μg/dL)が低く、ヘモグロビン(11.2g/dL)も低値であるため。ちなみに、各基準値は、鉄(男性の基準値:60~200μg/dL)、ヘモグロビン(男性の基準値:14~18g/dL)である。

 

 

 

 

 

次の文を読み91〜93の問いに答えよ。
 Aさん(53歳、男性、会社員)は、1週前から倦怠感が強く、尿が濃くなり、眼の黄染もみられたため、近くの医療機関を受診し黄疸と診断された。総合病院の消化器内科を紹介され受診した。時々、便が黒いことはあったが、腹痛はなかった。既往歴に特記すべきことはない。来院時のバイタルサインは、体温36.8℃、脈拍68/分、血圧134/82mmHgであった。血液検査データは、アルブミン4.2g/dL、AST<GOT>69IU/L、ALT<GPT>72IU/L、総ビリルビン14.6mg/dL、直接ビリルビン12.5mg/dL、アミラーゼ45IU/L、Fe27μg/dL、尿素窒素16.5mg/dL、クレアチニン0.78mg/dL、白血球9,200/μL、Hb11.2g/dL、血小板23万/μL、CRP2.8mg/dLであった。

92 腹部造影CTにて膵頭部癌が疑われ、内視鏡的逆行性胆管膵管造影<ERCP>が行われ、膵液細胞診と膵管擦過細胞診とが行われた。また、内視鏡的経鼻胆道ドレナージ<ENBD>が行われ、ドレナージチューブが留置された。処置後18時間、チューブからの排液は良好で、腹痛はなく、Aさんはチューブが固定されている鼻翼の違和感を訴えている。バイタルサインは、体温37.1℃、脈拍76/分、血圧128/80mmHgであった。血液検査データは、総ビリルビン11.2mg/dL、直接ビリルビン8.2mg/dL、アミラーゼ96IU/L、白血球9,800/μL、CRP3.5mg/dLであった。
 このときのAさんへの看護で正しいのはどれか。

1.禁食が続くことを伝える。
2.ベッド上安静が必要であることを伝える。
3.鼻翼にドレナージチューブが接触していないか確認する。
4.ドレナージチューブを持続吸引器に接続する準備をする。

解答3

解説

1.× 禁食ではなく、ERCP検査の翌日から食事が開始される。
2.× ベッド上安静(右側臥位)が必要であるのは、ERCP検査後2時間である。現在、バイタルは安定しており、腹痛もないため、現時点でベッド上安静は不要である。
3.〇 正しい。鼻翼にドレナージチューブが接触していないか確認する。本症例は、ENBDドレナージチューブが固定されている鼻翼の違和感を訴えている。そのため、チューブが鼻翼に接触していることが考えられ、確認する必要がある。チューブが鼻翼に直接当たっている場合には、テープを巻いて直接当たらないようにする。そのままにしておくと潰瘍になる場合もある。
4.× ドレナージチューブを持続吸引器に接続する準備をする必要はない。なぜなら、胆汁の排液は良好であるため。

 

 

 

 

 

 

次の文を読み91〜93の問いに答えよ。
 Aさん(53歳、男性、会社員)は、1週前から倦怠感が強く、尿が濃くなり、眼の黄染もみられたため、近くの医療機関を受診し黄疸と診断された。総合病院の消化器内科を紹介され受診した。時々、便が黒いことはあったが、腹痛はなかった。既往歴に特記すべきことはない。来院時のバイタルサインは、体温36.8℃、脈拍68/分、血圧134/82mmHgであった。血液検査データは、アルブミン4.2g/dL、AST<GOT>69IU/L、ALT<GPT>72IU/L、総ビリルビン14.6mg/dL、直接ビリルビン12.5mg/dL、アミラーゼ45IU/L、Fe27μg/dL、尿素窒素16.5mg/dL、クレアチニン0.78mg/dL、白血球9,200/μL、Hb11.2g/dL、血小板23万/μL、CRP2.8mg/dLであった。

93 細胞診の結果、クラスⅤで膵頭部癌と診断された。上部消化管内視鏡検査で十二指腸に出血を伴う膵癌の浸潤を認め、胃切除を伴う膵頭十二指腸切除術が行われた。術後、中心静脈栄養法<IVH>を行ったがインスリンの投与は必要ないと判断された。経過は良好であり、食事が開始された。
 このときのAさんに対する説明で適切なのはどれか。

1.便秘が起こりやすい。
2.脂質の制限は不要である。
3.カロリー制限が必要となる。
4.ダンピング症状が起こりやすい。

解答4

解説

1.× 便秘が起こりにくい。胃切除を伴う膵頭十二指腸切除術後は、消化機能の低下から下痢が起こりやすい。
2.× 脂質の制限は必要である。なぜなら、膵液には脂質・蛋白質・糖質などの消化酵素が含まれるため。術後は、膵外分泌機能の低下により消化・吸収不良となり下痢が起こりやすくなるため、脂質を制限する必要がある。
3.× カロリー制限は、不要である。なぜなら、Aさんはインスリン分泌に問題はなく経過も良好であるため。
4.〇 正しい。ダンピング症状が起こりやすい。なぜなら、本症例では胃切除を行っているため。摂取した食物が胃に留まらず急速に腸内に流入し、ダンピング症候群を起こす可能性がある。一般に、胃切除後15~30%程度にみられるとされている。

ダンピング症候群とは?

ダンピング症候群は、胃切除後、摂取した食物が急速に小腸に流入するために起こる。 食事中や直後(30分程度)にみられる早期と、食後2~3時間たってみられる後期(晩期)に分けられる。早期ダンピング症候群食物が腸に急速に流れ込むことで起こる。主な症状は、動悸、めまい、冷汗、顔面紅潮、全身倦怠感などである。

 

 

 

 

 

105回午前

15 糖尿病の血糖コントロールの指標となる検査値はどれか。

1.総ビリルビン
2.総コレステロール
3.グリコヘモグロビン
4.クレアチニンクリアランス

解答3

解説

1.× 総ビリルビンとは、赤血球やコレステロールが壊れたときに出る物質である。つまり、総ビリルビンは胆汁うっ滞、肝硬変、溶血性貧血などで上昇する。
2.× 総コレステロールや中性脂肪の量は、脂質異常症において上昇し、動脈硬化の危険因子となる。特に、LDLコレステロールが心血管疾患リスクとの相関度が高い。
3.〇 正しい。グリコヘモグロビン(赤血球の蛋白であるヘモグロビンとグルコースが結合したもの)は、過去1~2ヶ月の血糖状態を反映する指標であり、糖尿病の血糖コントロールの指標として用いられる検査値である。
4.× クレアチニンクリアランスは、血清中と尿中のクレアチニン量を測定することで腎臓の濾過能力を調べるものである。腎機能の指標として用いられる検査値である。

 

 

 

 

105回午後

15 貧血の診断に用いられるのはどれか。

1.血糖値
2.尿酸値
3.C反応性蛋白値
4.ヘモグロビン濃度

解答4

解説

1.× 血糖値は、糖尿病の診断に用いられる。
2.× 尿酸値は、高尿酸血症(痛風)の診断に用いられる。
3.× C反応性蛋白値(CRP)は、炎症反応の指標として用いられる。
4.〇 正しい。ヘモグロビン濃度は、貧血の診断に用いられる。なぜなら、ヘモグロビン濃度は、赤血球中の色素でありその濃度は赤血球量を反映するため。

 

 

 

107回午後

72 血液中の濃度の変化が膠質浸透圧に影響を与えるのはどれか。

1.血小板
2.赤血球
3.アルブミン
4.グルコース
5.ナトリウムイオン

解答3

解説

 膠質(コロイド)とは、液体中で粒子が沈殿することなく漂って定常状態を保っているものであり、生体内では生体高分子(蛋白質・核酸・多糖類など)が膠質(コロイド)として存在する。膠質浸透圧は、血漿中に溶けている血管壁を通過できない高分子によって生じる浸透圧のことである。

 

1~2.× 血小板・赤血球は、浸透圧には関与しない。なぜなら、血小板・赤血球ともに血液中の細胞成分であり、血液中に溶けているわけではないため。血小板は、出血の際の一次止血や血液凝固機能に関与する。赤血球は細胞内にヘモグロビンをたくさん含んでおり、主に酸素の運搬を行う。
3.〇 正しい。アルブミンが、浸透圧に関与する。なぜなら、アルブミンは血液中の主要な蛋白質であり、高分子なので血管壁を通過できないため。血液中の浸透圧の維持、pHの調節、脂溶性分子の運搬など多くの役割を担っている。
4.× グルコースは、浸透圧には関与しない。なぜなら、血液中に溶けている分子であるが、血糖値は厳密に調節されているため。また、グルコースやアミノ酸は高分子ではなく血管壁を通過できるので、そもそも膠質(コロイド)ではない。
5.× ナトリウムイオンは、膠質(コロイド)ではない。なぜなら、ナトリウムイオンは、低分子で血液中に溶けており、血管壁を通過できるため。血漿浸透圧を決める主要な成分である。

MEMO

 血液中の浸透圧は、イオンなどの低分子による血漿浸透圧と、血漿タンパク質による膠質浸透圧で決まる。膠質浸透圧が低下すると、毛細血管から組織液(間質)へ水が移動し浮腫が起こる。

 

 

 

107回午後

次の文を読み100〜102の問いに答えよ。
 A君(14歳、男子)は、夏休みのサッカー部の部活動で、朝10時から12時まで屋外で練習した。昼食時におにぎり2個とお茶を500mL摂取し、休憩後の13時から15時まで再び練習した。この日は晴天で、外気温は32 ℃であった。15分休憩し練習を再開したところ、A君は突然頭痛と悪心とを訴え、グラウンドの隅に座り込んだ。
 サッカー部担当のB 教諭が、A君を日陰で横にして休ませ様子をみていたが、症状が改善せず、顔面蒼白、冷汗が出現した。A君は「気持ち悪い」と言った後に嘔吐した。

100 B教諭が病院に電話連絡したところ、熱中症の疑いがあるため、A君をタクシーで病院に連れて行くこととなった。このときのA君の意識は清明で、体温は38.7℃であった。
病院到着までに、看護師がB教諭に指示する処置として適切なのはどれか。

1.A君の体を冷やす。
2.A君に水を飲ませる。
3.A君の上体を高くする。
4.中枢から末梢に向けてA君の手足をマッサージする。

解答1

解説

1.〇 正しい。A君の体を冷やす。なぜなら、体温が38.7であり、臓器障害を最小限に抑えるため。
2.× A君に水を飲ませるのは不適切である。なぜなら、本症例は、嘔吐もみられており、水だけよりは塩分と水分の両方を適切に含んだもの(0.1~0.2%の食塩水)が望ましいため。
3.× A君の上体を高くするのではなく、下肢を高くする。は不適切である。なぜなら、放熱しようと皮膚の血管拡張により血圧が低下し熱失神を起こしやすい。したがって、静脈還流量を増やすため足を高くする。
4.× 中枢から末梢に向けてではなく、末梢から中枢にむけてA君の手足をマッサージする。なぜなら、熱中症では静脈還流量が低下するため。

 

 

 

 

次の文を読み100〜102の問いに答えよ。
 A君(14 歳、男子)は、夏休みのサッカー部の部活動で、朝10時から12時まで屋外で練習した。昼食時におにぎり2個とお茶を500mL摂取し、休憩後の13時から15時まで再び練習した。この日は晴天で、外気温は32 ℃であった。15分休憩し練習を再開したところ、A君は突然頭痛と悪心とを訴え、グラウンドの隅に座り込んだ。
 サッカー部担当のB 教諭が、A君を日陰で横にして休ませ様子をみていたが、症状が改善せず、顔面蒼白、冷汗が出現した。A君は「気持ち悪い」と言った後に嘔吐した。

101 B教諭に付き添われて、A君は病院に到着した。来院時、A君のバイタルサインは、体温38.5 ℃、呼吸数26/分、脈拍128/分、血圧90/48 mmHgであった。口唇粘膜は乾燥し、皮膚をつまむとゆっくり戻る状態であった。血液検査データは、赤血球580万/μL、白血球12,500/μL、Hb 16.8 g/dL、Na 152mEq/L、K 4.0mEq/L、Cl 109 mEq/L、クレアチニン0.9 mg/dLであった。尿比重1.035。受診時の身長165cm、体重57kg(発症前60kg)。
 A君の状態に対するアセスメントとして適切なのはどれか。

1.貧血である。
2.低カリウム血症である。
3.高ナトリウム血症である。
4.循環血液量が増加している。
5.ツルゴール反応は正常である。

解答3

解説

1.× 貧血ではない。なぜなら、本症例は、Hb16.8g/dL(ヘモグロビンの正常値は男性:14~18g/dL、女性:12~16g/dL)であるため。
2.× 低カリウム血症ではない。なぜなら、本症例は、K 4.0mEq/L(カリウムの正常値は3.5~4.5mEq/L)であるため。
3.〇 正しい。高ナトリウム血症である。本症例は、Na 152mEq/L(ナトリウムの正常値は135~145mEq/L)であるため。水分の減少による高張性脱水の影響と考えられる。
4.× 循環血液量が増加しているのではなく、低下している。なぜなら、脱水があるため。
5.× ツルゴール反応は正常ではなく、低下の所見がある。ツルゴール反応とは、皮膚をつまむとゆっくり戻る状態のことで、本文から「口唇粘膜は乾燥し、皮膚をつまむとゆっくり戻る状態であった。」と記載があることから読み取れる。

 

 

 

 

次の文を読み100〜102の問いに答えよ。
 A君(14 歳、男子)は、夏休みのサッカー部の部活動で、朝10時から12時まで屋外で練習した。昼食時におにぎり2個とお茶を500mL摂取し、休憩後の13時から15時まで再び練習した。この日は晴天で、外気温は32 ℃であった。15分休憩し練習を再開したところ、A君は突然頭痛と悪心とを訴え、グラウンドの隅に座り込んだ。
 サッカー部担当のB 教諭が、A君を日陰で横にして休ませ様子をみていたが、症状が改善せず、顔面蒼白、冷汗が出現した。A君は「気持ち悪い」と言った後に嘔吐した。

102 A君は熱中症と診断された。点滴静脈内注射の後、A君の状態は回復し、家族とともに帰宅することとなった。付き添いのB 教諭から、今後の部活動における熱中症予防について看護師に相談があった。
 熱中症予防のための指導内容で適切なのはどれか。

1.袖口の狭い服の着用を促す。
2.口渇がなくても水分摂取を促す。
3.湿度が高いときに部活動をする。
4.休憩は90 分に1回を目安にする。

解答2

解説

1.× 袖口の狭い服ではなく、広い服の着用を促す。なぜなら、熱を吸収しやすい服装や保熱しやすい服装は避けたほうがよいため。通気性のよい、襟や袖口があいた服がよい。
2.〇 正しい。口渇がなくても水分摂取を促す。なぜなら、水分はこまめに摂取することが重要であるため。
3.× 湿度が高いときではなく、低いときに部活動をする。熱中症の発生には、気温・湿度・風速・日射・幅射が関係する。湿度の高いときにも熱中症のリスクは高まる。
4.× 休憩は90 分に1回を目安にするのは不適切である。90分という時間を目安にするのではなく、日陰などの涼しい環境で体調を確認しながら、水分摂取のために休憩をとることが重要である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)