【看護師国家試験対策】基準値を完璧に覚えよう。

 

基準値を完璧に覚えよう!この記事は、看護師である私自身のスキルアップのためでも、国家試験を受ける方たちへの応援としても書かせていただきました。臨床に出ても必ず使用する知識となるので頑張って覚えよう。クリックすれば答えが出る仕様です。

しっかり覚えよう!

血液関係の基準値

赤血球数(RBC):血液中に含まれる赤血球数で、貧血・多血症の指標となる。

男:400~550万/μL

女:350~500万/μL

 

 

白血球数(WBC):血液中に含まれる白血球数で、炎症や血液疾患の指標となる。

3,500~9,000/μL

 

 

ヘモグロビン(Hb):赤血球内に多量に含まれる物質で、貧血・多血症の指標となる。

男:14~18g/dL

女:12~16g/dL

 

 

へマトクリット値(Ht):血液に占める赤血球の容積の割合。

男:40~50%

女:35~45%

 

 

血小板数:血液中に含まれる血小板の数。出血傾向の指標となる。

15~35万/μL

 

 

赤血球沈降速度:赤血球の凝固時間を計測したもの。炎症の指標となる。

男<10mm/時

女<15mm/時

 

 

電解質・金属関係の基準値

ナトリウム(Na):体液の浸透圧やpHの調節を担う電解質。水代謝異常の診断に用いる。

135~145 mmol/L

 

 

カリウム(K):筋収縮や神経伝達を担う電解質。K代謝異常の診断に用いる。

3.5~4.5mmol/L

 

 

クロール(Cl):体液の浸透圧の調節を担う電解質。酸塩基平衡障害の指標となる。

100~110mmol/ L

 

 

カルシウム(Ca):細胞機能を維持する働きを持つ。

8.5~10.0mg/dL

 

 

無機リン(Pi):Ca代謝と関係する。リン代謝異常の診断に用いる。

2.0~4.0mg/dl

 

 

鉄(Fe):Hbの合成に利用される物質。貧血の原因疾患の鑑別に用いる。

男:60~200μg/dL

女:40~180μg/dL

 

肝機能関係の基準値

アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST):肝臓などに存在する酵素。肝疾患などの指標となる。

10~35 U/L

 

 

アラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT):主に肝細胞に存在する酵素。肝疾患の指標となる。

5~30 U/L

 

 

乳酸脱水素酵素(LDH):生体内のほとんどの組織に存在する酵素。肝機能の指標となる。

120~220 U/L

 

 

コリンエステラーゼ(ChE):肝細胞で産生されるタンパク質。肝臓でのタンパク質合成能の指標となる。

200~450 U/L

 

 

総ビリルビン(T-Bil):間接ビリルビンと直接ビリルビンの総量。黄疸の診断に用いる。

0.2~1.2mg/dL

 

 

直接ビリルビン(D-BiI):間接ビリルビンが肝臓で抱合された物質。肝機能の指標となる。

<0.4mg/dL

 

 

間接ビリルビン(I-BiI):老化した赤血球の破壊の際に生じる物質。ビリルビンの産生量を示す。

<0.8mg/dL

 

 

γグルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GT):肝臓、腎臓、膵臓などに分布する物質。胆汁排泄障害などの指標。

男:10~50U/ L

女:10~30U/L

 

 

炎症反応関係の基準値

C反応性蛋白(CRP):血漿中に存在するタンパク質。炎症や組織破壊病変の指標となる。

≦0.1mg/dL

 

 

動脈血ガス分析関係の基準値

pH:体内の酸と塩基のバランスを表す指標。酸塩基平衡の指標

7.35~7.45

 

 

PaO2(動脈血酸素分圧):肺胞の毛細血管中のO2分圧。呼吸状態の指標。

80~100Torr

 

 

PaCO2(動脈血二酸化炭素分圧):肺胞の毛細血管中のCO2分圧。呼吸状態と酸塩基平衡の指標。

35~45Torr

 

 

HCO3-(炭素水素イオン):PHの調節に関与する。酸塩基平衡異常の診断に用いる。

22~26mmol/L

 

 

糖関係の基準値

グルコース(BS):血中に存在する糖で細胞のエネルギー源となる。糖代謝能の指標となる。

<100mg/dL(空腹時)

 

 

HbA1c:1~2か月の平均的な血糖値を表す。糖尿病の診断などに用いる。

<5.6%(JDS値)

 

 

栄養関係の基準値

総蛋白(TP):主に肝臓で合成される。主に栄養状態の指標となる。

6.5~8.0g/dL

 

 

アルブミン(Alb):水分や電解質の運搬を担うたんぱく質。栄養状態などの指標となる。

4.0~5.0 g/dL

 

 

総コレステロール(TC):肝臓で合成される脂質。脂質代謝異常の指標となる。

<130~220 mg/dL

 

 

トリグリセリド(TG) :コレステロールの運搬を担うリポタンパクの主成分。

<30~150mg/dL

 

 

HDL-コレステロール(HDL-C):コレステロールを末梢組織から肝臓へ運搬するリポタンパク。

40~100mg/dL

 

 

LDL-コレステロール(LDL-C):コレステロールを動脈壁の細胞に運搬するリポタンパク。

<120mg/dL

 

 

腎機能関係の基準値

血中尿素窒素(BUN):タンパク質代謝の過程で成分される最終産物。腎機能の指標となる。

8~20mg/dL

 

クレアチニン(Cr):筋細胞膜破裂後に血中に遊出される物質。糸球体の濾過機能の指標となる。

男:0.5~1.0mg/dL

女:0.4~0.8 mg/dL

 

レアチニンクリアランス(Ccr):1分間の糸球体濾過量の近似値。糸球体の濾過機能の指標となる。

80~140mL/分

 

 

尿酸(UA):プリン体代謝の最終産物。腎機能などの指標となる。

男:3.5~7.0 mg/dL

女:2.5~6.0mg/dL

 

 

推算糸球体濾過量(eGFR):年齢や性別を考慮に入れて推算された糸球体濾過量

90mL/分/1.73m2以上

 

 

その他

クレアチンキナーゼ(CK):筋肉内に存在する酵素。心疾患(筋肉由来)や筋疾患(骨格筋由来)の診断に用いる。

男:60~250 U/L

女:50~170 U/L

 

 

アミラーゼ:膵臓、唾液腺から分泌される消化酵素。

40~130U/L

 

 

アルカリホスファターゼ(ALP):骨に作用する分解酵素。骨代謝などの指標となる。

100~350 U/L

 

 

アンモニア:タンパク質が代謝される際に発生する物質。肝機能の指標となる。

<50μg/dL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)