【看護師国家試験対策】計算式・公式を完璧に覚えよう。

今回は、覚えておきたい知識と公式をまとめました。計算問題を解くうえで覚えておかないと手も足も出なくなるので、しっかり覚えていこう。

 

アトウォーター係数:炭水化物、脂質、蛋白質の1gあたりのエネルギー量。

4kcal

9kcal

4kcal

 

 

BMI:体重と身長から算出する肥満度の指標。

BMI = 体重(Kg)÷身長(m)2

25以上

18.5~25未満
普通体重(22が標準)

18.5未満

 

標準体重:もっとも疾病のリスクが少ないとされる理想的な体重。

標準体重(kg)=身長(m)2× 22(標準BMI)

 

 

カウプ指数:乳幼児の体格や栄養状態の指標。おおむね15~19が標準とされる。

カウプ指数 = 体重(g)÷ 身長(cm)× 10

 

 

ローレル指数:学童期の体格や栄養状態の指標。おおむね115~145が標準とされる。

ローレル指数=体重(g)÷身長(cm)3×104

 

 

小児の肥満度:標準体重に対して、実測体重が何%上回っているかの指標。

小児の肥満度(%)= {実測体重(kg)- 標準体重(kg)} ÷ 標準体重(kg)× 100

+15%

+20%

 

 

分娩予定日(ネーゲレの概算法)を用いる。

月:最終月経の月が1~3月の場合、9をたした数、4月以降の場合、3をひく。
日:最終月経初日に7をたす。

 

新生児の生理的体重減少:生後3~5日までにみられる3~10%の一時的体重減少。

減少率(%)= {出生時体重(g)-測定時の体重(g)} ÷ 出生時体重(g)× 100

 

必要水分量:体内の水分量を維持するために必要な水分摂取量。

必要水分量(mL)= 尿量 + 不感蒸泄量 - 代謝水

乳児の場合は、一日あたり体重1kgに対して150mL(150mL/kg/日)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)