第32回(R6年)柔道整復師国家試験 解説【午前126~128】

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

 

問題126 良性腫瘍でみられないのはどれか。

1.内分泌の異常
2.巨大腫瘤の形成
3.周囲組織の圧迫
4.浸潤性の増殖

解答

解説

腫瘍とは?

腫瘍とは、体の中にできた細胞のかたまりのことである。悪性腫瘍とは、このような腫瘍のうち、無秩序に増殖しながら周囲にしみ出るように広がったり(浸潤)、体のあちこちに飛び火して新しいかたまりを作ったり(転移)するもののことをいう。一方、良性腫瘍とは、浸潤や転移をせず、周りの組織を押しのけるようにしてゆっくりと増える腫瘍のことをいう。

1.〇 内分泌の異常/巨大腫瘤の形成/周囲組織の圧迫は、良性腫瘍でみられる。良性腫瘍とは、浸潤や転移をせず、周りの組織を押しのけるようにしてゆっくりと増える腫瘍のことをいう。

4.× 浸潤性の増殖は、良性腫瘍でみられず悪性腫瘍の特徴である。良性腫瘍の特徴として、成熟構造になり、膨張性で異型性は軽度であり、分裂は緩やかで転移はみられない。膨張性とは、イメージとして、風船がプクッと膨れたように発育する。 そのため、比較的手術等で取り除きやすくなる。それに対し、悪性腫瘍の発育形成は浸潤性である。イメージとしては、広範囲に水が飛び散ったように発育する。

 

 

 

 

 

問題127 肺癌で正しいのはどれか。

1.我が国において患者数が急速に増加している。
2.肺癌全体の5年生存率は70%程度である。
3.組織学的には扁平上皮癌が腺癌より多い。
4.女性に多い。

解答

解説

(※図引用:「肺がん患者の統計」おしえて肺がんのこと様HPより)

1.〇 正しい。我が国において患者数が急速に増加している。「急速に」増加しているかは、急速の定義もないければ、何を基準に比較してよいか不明であるため、一概に、「急速に」とは断言できないが、増加傾向ではある。

2.× 肺癌全体の5年生存率は、「70%」ではなく30%程度である。1993~1996年ごろは22.5%であったが、医療の発展とともに肺がん患者さんの生存率の向上傾向である。

3.× 逆である。組織学的には、「腺癌」が「扁平上皮癌」より多い。肺がん全体の腺がんは50~60%を占めている。ちなみに、腺癌とは、腺組織とよばれる上皮組織から発生するがんである。 胃、腸、子宮体部、肺、乳房、卵巣、前立腺、肝臓、膵臓、胆のうなどに発生する。なかでも、胃がんの90%以上は、胃壁の最も内側の粘膜上皮細胞から発生する腺癌である。

4.× 「女性」ではなく男性に多い。なぜなら、喫煙率や職業柄(肺に負担がかかる粉塵が舞う工場など)、生活習慣の影響と考えられている。男女比は約2.5:1である。

 

 

 

 

 

問題128 染色体数が正常なのはどれか。

1.ダウン(Down)症候群
2.ターナー(Turner)症候群
3.マルファン(Marfan)症候群
4.クラインフェルター(Klinefelter)症候群

解答

解説
1.× Down症候群は、通常21番染色体が3本ある(トリソミー21)。ダウン症候群とは、染色体異常が原因で知的障害が起こる病気である。常染色体以上疾患の中で最多である。Down症候群になりうる異常核型は、3種に大別される。①標準トリソミー型:21トリソミー(93%)、②転座型(5%)、③モザイク型(2%)である。発症率は、平均1/1000人である。しかし、35歳女性で1/300人、40歳女性1/100人、45歳女性1/30人と、出産年齢が上がるにつれて確率が高くなる。症状として、①特異な顔貌、②多発奇形、③筋緊張の低下、④成長障害、⑤発達遅滞を特徴とする。また、約半数は、先天性心疾患や消化管疾患などを合併する。特異顔貌として、眼瞼裂斜上・鼻根部平坦・内眼角贅皮・舌の突出などがみられる。

2.× ターナー(Turner)症候群は、2本のX染色体のうち1本の部分的または完全な欠失によって引き起こされる性染色体異常である。したがって、女性特有の染色体異常である。ターナー症候群とは、典型的には身長が低く、首の後ろに皮膚のたるみ(翼状頸)があり、学習障害がみられ、思春期が始まらないのが特徴である。

3.〇 正しい。マルファン(Marfan)症候群は、染色体数が正常である。Marfan症候群とは、全身の結合組織の働きが体質的に変化しているために、骨格の症状(高身長・細く長い指・背骨が曲がる・胸の変形など)、眼の症状(水晶体(レンズ)がずれる・強い近視など)、心臓血管の症状(動脈がこぶのようにふくらみ、裂けるなど)などを起こす病気である。つまり、全身の結合組織がもろくなるため、大動脈癌や大動脈解離を生じやすい。

4.× クラインフェルター(Klinefelter)症候群は、男性の性染色体にX染色体が一つ以上多いことで生じる一連の症候群で性染色体異常ある。高身長、やせ型、長い手足になることが多い。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)